「東川町ものがたり」(新評論)発売

表紙などに作品掲載

978-4-7948-1045-82.jpg昨年の「大雪山」(新評論)に続き、
表紙など各所で写真を担当させていただきました。
新しいイメージの東川町が発見できると思います。
ご高覧いただければ幸いです。

9月にはイベントも予定されており、
本には掲載されていない東川町の風景写真が12〜15点
展示されます。そちらもご高覧いただければ幸いです。


2015年3月 「大雪山 神々が遊ぶ庭を読む」(新評論)全国発売開始

978-4-7948-0996-4.jpg

写真の町として町おこしを始めて30年を迎えた東川町が2015年、日本最大の国立公園大雪山国立公園も抱える町として大雪山の文化を発信していこうということで、今回東川町史編纂室の西原義弘氏(元北海タイムス記者)が中心となって大雪山の知られざるエピソードが集められ、口絵の7ページやカバー写真など随所に掲載していただいています。
西原氏も「様々な人との関わりを通して見えてくる大切なもの」は今後も私なりに写真を通じて表現していきたいと思っております。とても貴重な機会を与えていただきました。


 


更新情報

2015.03.02
「大雪山 神々が遊ぶ庭を読む」(新評論)
2015.03.19
4/10〜12 大雪山写真展@サッポロファクトリー